ネイル 資格 一覧

NO IMAGE

セルフネイル歴20年 ジェルとポリッシュ

昔からネイルが大好きな私ですが、セルフネイル歴早20年が過ぎようとしています。前半10年は俗にいう「ポリッシュ」残り10年は「ジェルネイル」で施術してきました。 ポリッシュネイルもジェルネイルも、それぞれ良い点悪い点があり、ポリッシュの良い所は、何といっても除光液一つですぐ落とせる点です。両手10本でも、5分もあれば綺麗に落とせてしまいますが、反対にジェルネイルは両手で30分以上はかかってし

記事を読む

NO IMAGE

新しいジェルネイルを試してみたら…

「ペリッとはがせるジェルネイル」というキャッチコピーにひかれて、新しいジェルネイルを買って試してみました。 一般のジェルネイルは、まず爪にやすりをかけて、次にジェルを塗って、UVライトまたはLEDライトの光を当ててジェルを硬化させ、未硬化のジェルを専用のクリーナーでふき取って仕上げます。 ジェルを落とすときには、専用のリムーバーでジェルを柔らかくしてから、スティックなどを利用して落とし

記事を読む

NO IMAGE

ネイルは、子育て中も、高齢でも楽しめます。

子育て中でネイルはちょっと…。という方でも、つけ爪やストーンを付けないネイルなら楽しめると思います。 子育てで、忙しくて疲れている時だからこそ、ネイルでちょっとしたおしゃれをしてほしいと思います。 赤ちゃんや子供の面倒を見るときには、必ず指先が目に入るはずです。 その時に少しネイルをしているだけで、楽しい気分になれると思います。 ネイル1つで、笑顔で子育てできるなら子供にとって

記事を読む

NO IMAGE

ネイルでモチベーションを上げています

ネイル歴10年ほどになります。 それまで爪に関しては意識が低くときどき自分でマニキュアを塗る程度だったのですが、転職を機にハマりました。 ネイル資格の取り方 フリーペーパーを見てなんとなく行ったつもりが、自分の爪じゃないみたいに綺麗になって衝撃でした。 パソコンが打ちづらいことなんて気にならないくらい、スカルプがついた自分の爪にうっとりしてました。 職場の同僚や先輩、はた

記事を読む

NO IMAGE

都会のネイルサロン&美容院

私の出身はとても田舎で、母に切ってもらうか、床屋と言ったほうがしっくりくるような美容院の二択でした。 小学生の頃なんかはどこでもよかったけれど、おしゃれを気にするような年になってからは、美容院に憧れをもっていました。 大阪に出てからは、数ヶ月に1度のペースで美容院を利用するのがあたりまえになっていました。 特に就職してお金を稼げるようになってからは、セルフカラーの回数が減りました。

記事を読む

NO IMAGE

相談できる美容師がいる美容院

私がよく利用していた美容院のなかに、とても信頼できる美容師がいました。 その美容院ではその美容師さんがいる時は、その人を指名することによって、その美容師さんにセットをしてもらうことができたのです。 その美容師さんが良いと思ったのは、自分と雰囲気が似ていたと言うことがあります。 雰囲気が似ていて、話しやすい人といると、その時間を楽しく過ごすことができます。 またその美容師さんは、

記事を読む

NO IMAGE

ネイルモデルやっています

この間、友達がネイルサロンを開業したんです。 友達の前からの夢でずっと応援していたんです。 専門学校時代も見てきたし、就職活動も、それからサロンでの就職も見てたのでなんだか私も元気もらってます。 そして、今は私はそこのサロンの一人目のお客さんです。 そして、ファン第一号です。 ちなみにネイル 資格 費用はきちんと支払いましたよ。 それもあってか、サロンに新人の子がいてその子

記事を読む

NO IMAGE

パーマ、カットは美容院の方が仕上がりがソフトです

息子二人は高校一年生くらいまでは美容院を利用していました。 私もパーマとカットで2回利用しました。 そこの美容院は他に男性の人も利用していました。 散髪屋さんを良く使う私もパーマ、カットの時はそこを使います。 技術はしっかりしていて満足です。 ちょっと高めのお値段ですが納得です。 家から歩いて5分の所に7件くらいの理髪店、美容院があり利用しましたが、パーマは美容院が上手いと

記事を読む

NO IMAGE

マニキュアを上手く塗るコツと早く乾かす方法

マニキュアでネイルを楽しむのは良いんですが、乾かすのが面倒だとか上手に塗れないとか色々と悩みはつきものですよね。 上手に塗るコツ、というほどのものでもないのですが、矢張り薄めに塗っていくことが大事です。 あと、1回塗るごとに30分は乾かすと綺麗に仕上がります。 きちんと乾いていない状態のまま重ね塗りをすると、表面は乾燥しても中が乾かなくなってしまい、結局いつまで経っても乾きません。

記事を読む